必要な費用の認識

畳の和室

注文住宅を建てる際の相場として3,000万から4,000万円程度の費用が必要とされています。もちろん建築する住宅の大きさや構造、土地などによって数千万円単位で費用が前後します。最近ではローコスト住宅や超ローコスト住宅と呼ばれる住宅も登場しています。こうした住宅は1,000万円前後で住宅を購入することができるのです。注文住宅でもこうした住宅は存在しますが、どちらかというと規格住宅に近い住宅が多いのです。とはいえ床や建具の色などはある程度選択できることから注文住宅と呼ばれているのです。 一言で注文住宅といってもハウスメーカーやハウスビルダーの注文住宅はある程度規格化されたものも多く大幅な変更ができない場合が多いのです。一方で設計事務所などの場合使用する材料から間取りから仕様からすべて一からデザインされます。このように違いがあり一般的にはハウスメーカーのほうが建築費用が安いとされています。

注文住宅といってもハウスメーカーやハウスビルダーでは事前にある程度間取りなどに関して会社ごとにマニュアルが存在します。こうしたマニュアルにのっとって住宅を建築するのです。マニュアルとは空間の区切り方や空間の設定の仕方、使用する材料、設備機器などのメーカーなどが事前に決められているのです。メーカーは一社で固定されているものもあれば数社の中から選択できる設備もあります。こうした選択できるメーカーも建築会社によって異なります。このように事前に数社に限定し取引を行うことで価格を抑えているといえます。しかしこうしたメーカー以外のメーカーの設備を導入しようとすると割高なオプション費用を請求されるケースが多いのです。できる限りこうしたメーカーの決定まである程度行ってから契約をすることで後悔せずに住宅を建てることができます。